切断されたPt900結婚指輪

プラチナ・ゴールド製なら切断された結婚指輪も修復可能

こんにちは、オージュです。12月にはいりめっきり寒くなりました。当店は藤沢市開店15周年記念セール実施中です。店主厳選おすすめのジュエリーが多数ございますので、目の保養がてら是非ご来店ください!

毎年の事ですが年末になると、ジュエリーの修理も増えます。

新年になる前に行動したいという心理でしょうか?

本日は最近受けた修理例をご紹介いたします。宜しくお願い致します。

さて、上記写真はかなり、年季の入ったプラチナ製の結婚指輪です。つけっぱなしにしていたら、抜けなくなり、指がうっ血してきたので、整形外科でカットしてもらったみたいです。大切な結婚指輪。修復できるなら修復したいですよね!ご安心ください。オージュではプラチナやゴールド製の貴金属リングならこのように見事に真っ二つに割れていても修理は可能です。

傷や汚れもかなり取れます。このように割れていなくても、傷や汚れがひどくなった結婚指輪は1年に1回は新品仕上げもオススメです。

話がそれました。下記写真が修理後になります。

Pt900リングの修理後このように、かなり元の状態に近く修復でしました!Pt900の刻印がちょうど断面にあり、当店で刻印しなおしました。写真撮影したのが、素人のスタッフなのでわかりにくいかもしれませんが、傷や汚れは肉眼ではかなり目立たないレベルまで戻しました。今回お預かりした結婚指輪は一周に模様がはいっているタイプなので拡大鏡でみるとつなぎ目ははっきりわかりますが、これはさすがにどうしようもないです。

修理後のPt900リング別アングル

上記がより真上から見た写真になります。

 

もちろん他店や海外で購入された指輪でも喜んで修理しますので、神奈川県藤沢市や湘南、横浜近辺にお住まいのお客様でジュエリーの修理、リフォーム、買取り等、宝石に関する事ならお気軽に当店をご利用ください。

 

指から抜けなくなったリングを取るには

指輪をつけっぱなしにしていたらいつのまにか、取れなくなって焦った経験をお持ちのお客様は多いと思います。最後にその時の対処方法をシェアします。まず抜けなく場合は

  • 石鹸や中性洗剤等で滑りやすくして抜いてみる。
  • それもで無理なら、指がむくんでいるだけかもしれないので、しばらく時間をおいてからもう一度挑戦する。
  • それでも無理なら消防署か近くの加工や修理を受けている宝石店、形成外科に相談してみる。

などをお試しください。当店でも年に数回は抜けなくなった指輪の相談を受けます。当店でもカットはしますが、あまりに放置していて指がうっ血して血が廻らなくなり指先が壊死したら大変なので早めに対処しましょう!多少抜けないというレベルのうちなら最初の石鹸等で滑りやすくして外す方法で抜くことができると思います。その後購入店や近くのジュエリー修理を受けてくれるところでサイズを伸ばすことをお勧めします!もちろん当店でも大歓迎です。